NTTの光ファイバー開放議論について思うこと

久しぶりに思ったことを書こうかな~なんて。

NTTの光回線をNTTから分離する議論の記事を読んで思ったこと。

まったユーザーのこと考えていない議論をしているとしか思えない。
大半のユーザーは、1社の巨大なNTTが全ての回線・サービスをワンストップで全国提供してくれることを望んでいるはず。
少なくとも僕は ALL NTT を望んでいる。
東・西・コミュニケージョンズ・ドコモの4社を1つにして、全てを提供してほしい。
もちろん、光・メタルの回線も全てNTTの高品質な商品がいい。
なのになぜ資産だけを分離必要する必要があるのかわからない。

NTTの光やメタルの回線を開放することを考えるのではなく、ソフトバンクやKDDIに自前で回線を張らせることを考えるのはできないのだろうか?
ソフトバンクやKDDIも自力で光ファイバーを全国張り巡らせればいいだけのこと。

他人の資産に土足で踏み込んでガタガタ言っているのは大きな間違いだと思う。

コメント

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください